2008年09月26日

エア・ケイ 錦織圭 ファンタジスタ誕生!

もうすぐ、わくわくがはじまる!
このところ、そわそわしております。
なぜって来週、テニスのAIGオープンが日本で開かれる。あの錦織圭が日本にやってきたのです!
先月、USオープンで世界ランク4位のフェレールを破り、弱冠18歳にしてテニス界の檜舞台に躍り出た錦織圭。宙へジャンプしながらショットをうつことからエア・ケイと呼ばれ、日本テニス界に巨星誕生とうたわれた若者が、日本で初めて公式戦を戦うことになりました。
はっきりいって、USオープン以来、わたしのあたまのなかは、錦織選手のことでいっぱいなんですね(*^O^*)
もう長いこと……高校時代から、草テニスプレイヤーを、えっちらおっちら続けてきたわたしにとって、ウィンブルドンやグランドスラムの決勝は、はるかあこがれの天上の世界。あの伊達公子だって果たせなかった遠い夢。それがまさか、まさか、こんな選手が……グランドスラム優勝や世界ランク一位も夢ではない天才プレイヤーが日本人のなかから出てきたなんて……!!このときをどれだけ待ったか、感無量、涙の嵐。ああ、生きてて良かった!どじでのろまな亀のテニスでもいままで続けてきて本当に良かった!と思うこのごろなのでありました。(錦織選手とわたしの亀テニスにはむろん縁やゆかりなどあるはずもないのだが、それがなんだというのだ、この際)(けど、錦織がフェレールを破ったとき、日本人テニスファンの多くはわたしと同じようにしみじみとヨロコビにむせんだのではないかと思われます。ホント、錦織がベスト16に残った日のテニス関係者の喜びようったらハンパなかったですものね!!)
と、ここでヨロコビの涙にむせんでみても、テニスにあまり関心がない方にはピンとこないかもしれませんね。そこで、このヨロコビとオドロキをちと分析してみましょう。錦織なら、将来できるかもしれないといわれているグランドスラムの優勝について、どれだけスゴいかをサッカーにたとえると、「日本代表がブラジルに3−0で勝って南アフリカワールドカップで優勝した」……陸上百メートルにたとえると、「日本人選手がボルトと対等に走ってロンドンオリンピックでメダルをとっちゃった」……そんなコトが起こったら、世間はたまげた大騒ぎになるでしょう?そのくらい、テニスファンにとってはスバラシイことなのですね。
とにかく、錦織はスゴいんです。ジャンピングショットにジャックナイフと、華麗な持ち技をもっているところが、まるでテニス漫画のヒーローのよう。(アニメのヒーローにしてシナリオ書きたいわー)
それに加えて、圧巻なのが、ほかの誰にもまねできないような、ひらめきにあふれる錦織のプレースタイルなのでした。
エッ!?こんな場面でネットに出る!?こんなタイミングでドロップショット?あんなコースにうってくる!?
そういう意表をつく自由な発想にあふれたプレーが、錦織の試合には随所に飛び出すのです。
インタビューを聞いていると、錦織は、とても素朴で物静か。なのに、そのプレーは、その人柄からは想像もつかないほど自由で果敢、アグレッシブ!
見ていて本当に楽しいテニスなのです。
華麗な技をもつ選手、驚異的な粘りをもつ選手、メガパワー炸裂の選手は歴代のプロ選手のなかにたくさんいたと思います。でも、錦織のように変幻自在のインスピレーションにあふれるプレースタイルをもった選手はいままで見たことがなかった……!(と、言い切っていいほど、わたしの記憶のなかにはいないような気がする)
まさに、テニス界のファンタジスタ!!
と、ウチの近所一帯では錦織選手をそう呼んでいます(わたしがひろめてみました)
残る弱点は、体力。セットを重ねると、疲れてしまって、別人のようにへろーんとなってしまったり、足にけいれんをおこして、リタイアしてしまったり、まだ体力的に、ツアーを戦い抜くのは厳しいといわれているようです。松岡修造さんの解説によると、天才的なテニスセンスに、まだ身体がついていっていないのだとか。あと2年かけて十分な体力をつければ、世界トップの選手になるのは間違いないということです。
あぁぁ、ほんと、楽しみだぁぁぁ〜
伊達公子選手のプレーが大好きだったわたしは、伊達選手が引退してしまってからは、テニスを見る楽しみをなくしてしまっていましたが、これからあと十年、錦織で楽しめると思うと、つくづく充実感がこみあげますな……(*^O^*)
わたしのように期待している人は日本全国津々浦々にたいそう大勢いると思います。そんな日本人テニスファンの期待を一心に背負って、それがプレッシャーにならなければいいけれど、ふだんはアメリカに住んでいるようだし、お客さんを喜ばせるのが楽しいと言っている錦織選手のことだから、きっと大丈夫でしょう!!
と、いうわけで29日から始まるAIGオープン。
対戦相手は全員、錦織よりランクが上のよう。どこで負けてもおかしくない試合が続くと思いますが、いったいどんな戦いをみせてくれるのか、注目なんですね!
posted by 島田満 at 20:27| 日記

2006年06月23日

幸せな12分

とうとう日本代表の闘いが終わったか〜
待って待ちつづけた4年間。
そして、やんなるほど短かった3試合たらーっ(汗)

それにしてもブラジル戦。
玉田のゴールのあと、ブラジルに同点にされまるでの12分間……
しあわせでございました。
夢に終わるとはわかっていながらも、つかのま、うっとり夢を見ちゃった12分でございました。
永遠の12分とよんでおきましょう。
そうです、あそこで寝ちゃえばあの幸せは永遠に続きましたね。
そして起きたとき、結果をきかないでいればそのまま幸福な人生が送れるというものです。
4年後に起きればいいじゃん!
いいイメージで次のワールドカップにのぞめるじゃないですか。
そうだ、そうだ、それがいい〜!!
(むなしい……)

それにしても、メッシはいいぞ!
アニメ業界の一部ではメッシは悟空(子ども時代)ににてるという声があがったとか。
ほんと。そんな感じ。
メッシがボールを持っただけで空気がかわってしまう。
軽くて素早いドリブルでディフェンダーをかわしていくあの姿は、筋斗雲にのった孫悟空みたい。
メッシから目が離せません。サッカー



posted by 島田満 at 20:11| Comment(51) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月20日

燃えるものを見た(^_^)

VSクロアチア戦。
とうとう勝つことはできなかったけど、オーストラリア戦に比べると見違えるようないい試合でした。
闘志があふれてました。
なかでもやっぱり川口。
あのPK止めは燃えました。
今回のワールドカップ、日本はあまりいいところなく終わってしまうのかもしれないけど、何年たっても、あの川口の燃えあがるセーブだけは強烈に印象に残るでしょう。
どうしてなんだろう。
いつだって絶体絶命のピンチに神懸かり的なプレーをする川口。
人間の気合いが違うんだろうなぁ〜

日本は決勝Tに残る実力は残念ながらまだないのでしょう。
でも、勝ったか負けたかなんて、もうどうでもいいや。
燃えるものを見たぞ。
それが一番見たかったのです。
posted by 島田満 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月17日

明日はきっと希望に満ちた日!

まさかの敗戦から数日。
明日はクロアチア戦。
いいじゃないの、もうどうなったって。
決勝リーグに残れるかどうかなんて無視、無視!
ただひたすら燃えておくれ〜
燃える試合をみせてっexclamation×2
どんなに辛いことがあったって、明日はいつも失敗のない希望に満ちた日……って「赤毛のアン」も言ってたよるんるん
みせてくれると信じよう。

さて。
このところ、新番組のシナリオで山場につぐ山場です。
放送が目前に迫ったアンジェリーク。
そして、名作劇場復活ののろしをあげる作品(←もうじき内容を発表できるかな……)
さあ、気合いをいれなくっちゃかわいい




posted by 島田満 at 12:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月13日

あああ……

なんという、なんという負け方……
がっぴょーん!!もうやだ〜(悲しい顔)
そりゃないっスよ〜
四年間、待って待って……でもこんなふうに負けてしまうのね。
勝負ってキビしいわ〜。
選手たち、ちょっと緊張していたのかな……
ピッチでうなだれる顔、顔が痛々しかった。
日本中をがっかりさせてしまったって、思っていたのかな?
宮本キャプテンのあんな顔、初めてみた。
みんな、今夜は辛いだろうな。
日本中のみんなもため息……

まあ、しかたない。明日から元気だしていきましょう手(チョキ)




posted by 島田満 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月12日

いよいよ今日ですね

さあ、今夜はついにワールドカップ・オーストラリア戦。
道頓堀に何人飛び込む夜になるのか?
キックオフにむかってテンションあがってまいりました。
四年前、仙台で雨の中、日本VSトルコ準々決勝を観戦。サントスのシュートがバーをたたいた音がまだ耳に残ってる。(ああ、あれが入っていればなと日本中がどよめいた瞬間)
そうか。あれからもう四年なんだ。
はしれ、宮本!日本のゴールを守ってね。
振り抜け、俊輔。きっと入るよ、フリーキック。
高原も、きっとみせてくれるよ、この日のために四年、待ったんだもんね。
さあ、あとはホイッスルを待つだけですサッカー

posted by 島田満 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月29日

子どもがスヤスヤねむる夢みるお話

先日、「子どもがスヤスヤねむる夢みるお話」がラジオドラマになりました。PHP研究社から去年、発売させていただいた本です。
おやすみ前に、お母さんが子どもに読んであげるお話。
一日一話ずつ、31本のオリジナル・ストーリーです。
このラジオドラマは熊本地方で放送されたみたい。
可愛らしい朗読でした。

この本は、うちの娘を見ていて思っていたことを書いた本です。
(でも、登場する女の子モナちゃんも、お母さんも、わたしとはずいぶん違う性格だけど……)

うちの娘が幼い頃、寝る前によくお話を読んであげていました。
読んであげる本がなくなると、自分で作ったお話をきかせました。
自分でつくった話を毎日きかせるのってたいへんなんスよね。
寝る前だから、ねむい。なかなかアイデアでない。
だけど毎日、仕事でストーリーをつくって25年。
なんとかでっちあげて話す。
するとウケてしまう。
毎日せがまれる。
あ、今日はつかれてるよ〜、作れないよ〜、かんべんしてくれよ〜
と、思いながら、けっこう続いてました。

昨夜はひさしぶりにお話をきかせました。
娘がふしぎな扉にはいって、小さな女の子と親友になるお話。
その女の子は、実はわたしが子どもの頃。
娘は子ども時代のわたしと遊ぶのです。
わたしの初恋の男の子とも会ったりします。かわいい

そんなこんなで昨夜はちょっと初恋の男の子を思い出したり。
ははは、なかなかいい気分。
うーん、ほんとにそんなふしぎな扉があったらいいな……











posted by 島田満 at 04:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月21日

フィギュアスケート観戦記

先日、フィギュアスケートのジャパンカップ国別対抗戦を見にいってきましたかわいい
むかしから、フィギュアスケート好きには熱いものがあって、年季がはいってます。ショーもみにいったことがありましたが、試合をじかに見にいったのは初めてで(^_^)わくわく体験でした。
なんたって、出場選手の豪華なこと。
真央ちゃんに安藤美姫、高橋大輔、本田武史、ヤグディンにランビール、それにそれに、荒川静香!
わたしはは荒川選手が大好きで、荒川みたさに二年前、ショーを見にいったことがありました。
そのときも、オーラに光り輝いて見えましたが、今回はその輝きが倍増していました。
美しいっっっ!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ため息がもれました。ほんとに、ひととき夢に酔うっていう感じでした。ナマで見たイナバウワー……
なんだか、ぞくぞくくるほど素敵でしたよ。
大観衆の感動も伝わって、会場全体に電流がはしっていました揺れるハート
それから、びっくり仰天!と感じたのが真央ちゃん。
テレビで見てすごいというのは伝わっていましたが、これほどすごいとは……
他の選手とは別世界。
出場したのは、世界の一流選手ばかりなのに、男女とおして、別次元。ほかのスポーツをしているかのようでした。
(これって、むかし、オリックス時代に球場でイチローのプレーを見たときの衝撃と同じでした。あのときも、まるでイチローひとりだけ別のスポーツをしてるみたいだったんです)
とにかく、着地するとき、羽でも生えているようなんです。
ふわふわふわり。くるくるふわり(笑)
すごいジャンプを次々にきめるのに妖精そのもの。
感動しました。
あとは高橋大輔。良かったです。
すごく音楽にのってて、創造性にあふれてて……
これからが楽しみです。
ホントに、こんなに日本がフィギュアで強くなるなんて。
嬉しい時代が来ましたるんるん
posted by 島田満 at 04:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記