2007年07月17日

「ボクがもらった幸せ」

先月……6月24日のこと、脚本家のおけやあきらさんが亡くなりました。
「ドラえもん」や「エスパー魔美」「機動戦士Vガンダム」「ぶぶチャチャ」「コメットさん☆」などなど沢山のシナリオを手がけられたおけやさん。
最後は「デルトラクエスト」に参加しているさなかに、48歳の若さで逝ってしまわれました。
おけやさんとは8年くらい前に、「キョロちゃん」のシナリオで、ごいっしょさせていただき、それ以来、お会いする機会がありませんでした。
それでも、「かいけつゾロリ」や「デルトラクエスト」のシナリオを書いていらっしゃることを知っていたし、いただく年賀状も毎年、お変わりないようだったので、まさか2004年に末期ガンを宣告されて、闘病生活を送っていらしたなんて、知らなかったのです。

とても穏やかで、暖かく、お茶目だったおけやさん。
まわりのひとみんなに慕われていました。
シナリオにもお人柄がそのままあらわれていました。

闘病生活の間に、おけやさんは一冊の本を書かれていました。
生まれてきたときから、少年時代、シナリオライターになり、家族とともに生きた……48年の生涯を詩のように綴った本です。
「ボクがもらった幸せ」
おけやさんのぬくもりが胸に迫ります。
生きていくのはこんなにかなしく、はかなく、暖かいことなのかな……
「自分にとってたいせつな人はだれなのか」ということに思いをはせずにはいられませんでした。
そのことを伝えてくださったおけやさんに……
「ありがとうございました」とお伝えしたいと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%81%8C%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%B9%B8%E3%81%9B-%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%84-%E3%81%82%E3%81%8D%E3%82%89/dp/4434104284/ref=pd_bbs_sr_1/503-4777492-0443962?ie=UTF8&s=books&qid=1184630555&sr=8-1

posted by 島田満 at 09:39| Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ情報