2006年05月21日

フィギュアスケート観戦記

先日、フィギュアスケートのジャパンカップ国別対抗戦を見にいってきましたかわいい
むかしから、フィギュアスケート好きには熱いものがあって、年季がはいってます。ショーもみにいったことがありましたが、試合をじかに見にいったのは初めてで(^_^)わくわく体験でした。
なんたって、出場選手の豪華なこと。
真央ちゃんに安藤美姫、高橋大輔、本田武史、ヤグディンにランビール、それにそれに、荒川静香!
わたしはは荒川選手が大好きで、荒川みたさに二年前、ショーを見にいったことがありました。
そのときも、オーラに光り輝いて見えましたが、今回はその輝きが倍増していました。
美しいっっっ!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ため息がもれました。ほんとに、ひととき夢に酔うっていう感じでした。ナマで見たイナバウワー……
なんだか、ぞくぞくくるほど素敵でしたよ。
大観衆の感動も伝わって、会場全体に電流がはしっていました揺れるハート
それから、びっくり仰天!と感じたのが真央ちゃん。
テレビで見てすごいというのは伝わっていましたが、これほどすごいとは……
他の選手とは別世界。
出場したのは、世界の一流選手ばかりなのに、男女とおして、別次元。ほかのスポーツをしているかのようでした。
(これって、むかし、オリックス時代に球場でイチローのプレーを見たときの衝撃と同じでした。あのときも、まるでイチローひとりだけ別のスポーツをしてるみたいだったんです)
とにかく、着地するとき、羽でも生えているようなんです。
ふわふわふわり。くるくるふわり(笑)
すごいジャンプを次々にきめるのに妖精そのもの。
感動しました。
あとは高橋大輔。良かったです。
すごく音楽にのってて、創造性にあふれてて……
これからが楽しみです。
ホントに、こんなに日本がフィギュアで強くなるなんて。
嬉しい時代が来ましたるんるん
posted by 島田満 at 04:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記